サイトマップ
お問い合わせ

SPR30型(濁水処理装置)

SPR30型(濁水処理装置)

主な特徴

01

次世代型濁水処理装置 (AUTO・EASY・CLEAN)

○ 30m³/hr処理(濁度計 流量計 pH指示 記録計を装備)
自動制御 タッチパネル式で排水フローの可視化を実現
 異常時の履歴、原因箇所の表示も可能
排水・汚泥の各モード切替にて排水異常時リターン
 汚泥の低濃度時の自動循環に対応
クロスフロー傾斜管の採用、薬品2段注入により清浄・凝集効果の向上
○ 分割ユニット構造、折り畳み式点検歩廊、背かご付タラップ
 の採用により安全面・輸送面にも配慮

※ pH値 11以上は前処理で希硫酸処理装置が必要です
※ 放流前の積算流量計はオプションです

クロスフロー傾斜管の採用による2次凝集効果

02

傾斜管特有の水理効果に2次凝集効果があります。これは傾斜管入口部で図のようなフロキュレーション流れが発生しており傾斜管内に流入してくる微細粒子を確実にキャッチします。また、傾斜管の下方では流入してくるフロックとシックナーの底部に向けて沈降中のフロックが絶えず接触を繰り返しておりフロックの成長を助けます。

仕様

03

型式SPR-30
標準処理量(m³/hr)30
電圧 電気容量200V 8.525kw
pH処理方法炭酸ガス
機器全体薬品反応U沈降槽U
寸法全長L(mm)9,0003,6005,400
全幅W(mm)2,7502,7502,750
全高H(mm)2,7252,7252,300
乾燥重量(kg)7,0003,1003,900
運転重量(kg)31,5008,90022,600

クロスフロー傾斜管

04

機内フローの表示イメージ

05

タッチパネルでの各種表記

06

作業人工はこちらにて、ご確認ください