お問い合わせ

ベトナム日記

食事について

img_20151109

Xin chao!現地駐在やまちゃんです。

ベトナムで有名な料理と言えば、Pho(フォー)や生春巻きなどがありますが、どちらも米を加工して出来ています。
ベトナムは世界でも有数の米作地域で年間を通して収穫をしているため米の料理は非常に多く、砕いたり麺にしたりペーパーにしたりと食べ方はバラエティに富んでいます。

一般的に東南アジアの料理は「香辛料がキツくて辛い」と言ったイメージがあるかもしれませんが、ベトナムの料理はあまりクセが無くどちらかと言えば薄味で、そのためヌクマム(魚醤)やソイソース(醤油)やライム塩などの調味料が付けダレとして付いてきます。個人的にはマムトムと言う海老を塩漬けにしてから発酵させた調味料がなかなかパンチがあって好みなのですが、みなさん自分の好みでそれぞれに味を調整しているようです。炒め物や鍋などはたまに唐辛子が効いている物もあるので、辛い物が苦手な人は一応の注意が必要です。

そして私の大好きな料理がBanh mi(バインミー)と言うベトナム風のサンドイッチです。一般的にベトナムの朝食はみなさん外で食べるのですが、先程のPhoを始めBun(ブン)と言うビーフン料理やChao(チャオ)と言うお粥などが好まれおり、Banh miも人気の料理で路上の屋台で作っています。バゲット(20㎝程のフランスパン)に肉や野菜や漬物などを挟むのですが、それぞれの屋台で味が違うので自分好みの屋台を見つけるのも楽しみです。そしてなんと言ってもこのバゲットが絶品で、さすがフランスの文化が入ってただけあり日本では味わえない美味しさです。朝に食べる焼きたてのBanh miはサクサクで格別ですので、みなさんもコチラに来ることがあれば一度試してください。

それではまた Hen gap lai