サイトマップ
お問い合わせ

ベトナム日記

交通事情

img_20151007

Xin chao!現地駐在やまちゃんです。

ご存じの通りベトナムの主な交通手段はバイクです。全国で約4,300万台のバイクが毎日走り回っており、人口の2人に1人はバイクを持っている計算になります。次にベトナム人の足になってるのは路線バスです。ホーチミン市内では縦横無尽にバスが走っており、料金も5,000VND(約28円)と格安なのですが、渋滞が多いのでいつバスが来るか分かりませんし、そもそも時刻表というものが存在しません。

街中ではTAXIも多く走っており、初乗りは11,000VND(約62円)と割安感がありますが、30分ほど走ると500円程になるので庶民はあまり使いません。バイクに乗れない旅行者や駐在員は、よく利用しています。

乗用車はこちらではまだまだ高価な乗り物で、購入の際は税金や登録費用などが加算され、日本で買う2〜3倍の価格になってしまいます。なので多くの人は会社で購入するか、ドライバー付の専属車をレンタル契約しているようです。

街中に鉄道はありませんが、ホーチミンと首都ハノイを結ぶ南北統一鉄道(通称)があり、路線延長1,730kmをフエやダナン、ニャチャンといった主要都市を経由し、32時間かけて走ります。そして今、ホーチミンでは日本のODAにより市内中心部を走る地下鉄1号線を建設中です。ハノイでも都市鉄道を建設しており、まもなくベトナムの2大都市は街中を鉄道が走る近代都市に生まれ変わります。そして私たちもベトナム近代化の一役を担っています。

それではまた Hen gap lai