サイトマップ
お問い合わせ

ベトナム日記

中秋節について

img_20160926

Xin chao!現地駐在やまちゃんです。

ベトナムにも中国と同じように、旧暦の8月15日の名月を祝う「中秋節」(ちゅうしゅうせつ)と言う物があります。
今年は9月15日がその日のようです。日本では十五夜でしたっけ。。

8月の中頃にもなるとホーチミン市内のあちこちに「月餅」の特設販売場が設置されます。中秋節には家族でこの月餅をたべるのが習慣のようで、時には特設売り場に行列が出来ているのを見かけます。月餅は会社や商売人たちも日頃お世話になっている取引先などに配る習慣があります。
ま、日本で言うお中元の様な物ですね。
当社も毎年月餅を貰うのですが、この月餅がまた独特な味で、シンプルにあんこだけの物ならまだいいのですが、ちょっと高級?な物は中にいろいろな物が入っていて、月に見立てたアヒルの黄身の塩漬けや、何かの肉(たぶんブタ肉?)や、見たことのない豆のような物、などなど。一つ一つはそこそこ美味しいのですが、まとめて餅に入れてしまうとほんと何の味なのか分からないくらい複雑な味がします。今年もスタッフにほとんど持って帰って貰いました。

中秋節は子供達にとっても特別な日のようで「こどもの日」とも呼ばれています。街のあちこちに変わったお面や風船や提灯などを陳列しているおもちゃ屋らしい屋台が並んだり、獅子舞が踊ったりして、テト(旧正月)に次ぐ盛り上がりを見せます。
なぜ祝日にしないのか不思議です。

それではまた Hen gap lai